大盃で枝接ぎの練習

すっかり花も終わり、枝姿となった大盃。
徐々に葉芽もふくらみ、芽吹きは近いです。

IMG_0233.jpg

梅盆栽はこのあたりで芽を1,2つ残して後は剪定してしまうのがセオリーなので、もちろん私も剪定作業やりますよ。
昨年の夏ハダニにやられてしまった割には、葉刈り作業が功を奏したのか枝元にしっかりと葉芽ができていたため、短く剪定できました。

...で、剪定作業で出た枝の切れ端は、梅以外の木なら挿し木するのですが梅の挿し木はなかなか根付かない...(無理、と断言する人もいるほど。実際は無理ではないんだろうけど成功率は一割以下だと思う。)

というわけで、枝接ぎにチャレンジしてみました。
最初の写真は既に作業後のもの。
IMG_0235.jpg

この梅、購入後はしっかり葉刈りをして枝元に葉芽ができるよう手入れしているので、枝は小さくまとめられている。
ただし、購入年のみは花芽をたくさんつける管理しかされてなかったのか、葉芽は枝先にしか無く間延びした枝になってしまっていた。
今回はそういう枝の根本に剪定枝を接いでみたので、うまく活着すれば枝の分岐を増やせるため枝のほぐれの良い樹形を作れる。
練習のために、裏側のあんまり見えない部分も含めて8ヶ所に接いでみた。さて、どれくらい成功するかな?
スポンサーサイト

今年も大盃が咲いたよ

毎年冬に花を咲かせてくれる大盃が今年も咲きました。
(実は一週間くらい前から咲いてた)
IMG_0205.jpg

購入した直後を含め、これで開花は3回目。丸2年を家で過ごしたことになります。
去年の夏は葉がハダニにやられてボロボロになり、ほとんど枝が伸びなかったので樹も弱ってるだろうと思い花にはあまり期待してなかったのですが、咲いてみると割と例年通りいっぱい花を咲かせてくれました。

樹に無理に体力を消耗させてなければいいけど...

問題は今後の方針。
幹の形が気に入って購入したので、このままこの大きさを維持しつつ育てて古さが出ていけばと思うのですが(欲を言うと下枝をもっと充実させて横から見て三角形に枝が広がるようにしたい)、

前述の通りハダニにやられて成長が阻害されたため、枝の根本に葉芽ができているか心配。
できてなければ初年のように花後に枝を短く剪定できないから小さくまとめるのが困難になってしまう。
まあその時は枝接ぎでもしてみよう。
IMG_0204.jpg


幹にシャリも入れたいがどこにどういう風に入れるのがかっこいいかまだ自分の中で定まってないので保留。
3月に入った頃にでも植え替えをしよう。

梅・大盃の花摘みと剪定

以前紹介した、私の誕生日記念樹の大盃が…
IMG_0081.jpg
おもいっきり花を咲かせました。
実はこれでもまだ満開ではなく、結構な数の蕾が次に控えています。

あまりにも勢い良く咲きすぎでごちゃごちゃしてるし、あまり花を長く残してると木が疲れてしまうらしいので…
IMG_0083.jpg
開いた花を全て摘んでしまいました。
これでもまだ結構蕾が残っているように見えますが…

それから一週間後…
IMG_0089.jpg
再び花が咲き乱れました。
今度こそすべての花を摘んでしまいます。
IMG_0090.jpg
ご覧のように丸坊主に。
ここで、梅の手入れの定番である枝の剪定を行いました。
葉芽を根本から近い順に1つ、または2つ残して切り詰めるのですが、この木は蕾はいたるところについていましたが葉芽は根本には少ない…
2つも芽を残してしまうと枝が間延びしてしまうため、最も幹に近い芽を一つだけ残して切っていきました。

IMG_0091.jpg
そんなわけであまり小さくは出来ませんでした。
今年は花芽の数が少なくてもいいので枝作りがしやすいような育て方をしていきたいです。
プロフィール

一葉

Author:一葉
サボテン・多肉植物を育てたりいろんな木を盆栽っぽく仕立てたりしてその過程を記録するブログ。サボテンや盆栽趣味の同年代がほとんどいない20代。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR