盆栽展(九州雅展)で購入した長寿梅ですが、春先に花が咲いた後に芽から葉が開いたのはいいのですが、もともとあった芽が開いただけで枝が一向に伸びず、ついには葉がすべて落葉してしまいました。
その後はひとつの芽から葉が数枚出てきては落ち、別の芽から数枚出てきては落ち...

と、明らかに調子が悪いです。
このタイミングで処置を行うのはどうかと思いましたが、何もしなくてもいずれは弱って枯れてしまうと思い、植替えを実行しました。
長寿梅の植え替え適期はちょうど9月下旬だし。

IMAG1369.jpg

暗くてわかりづらいけどこの長寿梅です。
水はけが悪いと弱りやすいみたいなので、これで治ってくれたらいいなあ...

また、長寿梅植え替え時の定番?の根伏せも行いました。
根捌き時に出た不要な太い根を2本植えておいたので、うまく芽が吹いてくれれば個体数が増やせるので最悪写真の長寿梅が枯れてしまっても大丈夫...かな
スポンサーサイト

黒松を植え替えたけど…やばいかも

黒松の植え替えを行いました。
このブログでは初紹介の木ですね。オークションで購入した安い素材です。
IMG_0073.jpg

実はこの木、前から気づいてた問題があるのです。
鉢底の穴には普通、鉢底ネットで土が零れないように処理されていますが、この黒松にはネットがなく、穴から土がこぼれて根が外気にさらされた状態になっており、しかも穴から見える根がなんか黒っぽくて明らかに健康ではない様子だったので、春を前に植え替えで様子を見てみることにします。
IMG_0076.jpg

鉢から引き抜き、根にこびりついた土をほぐしていくと…
IMG_0077.jpg
うわああああああ
まっ黒く変色し、少し引っ張るだけでブチブチちぎれる根が出てきました。明らかに根腐れです。
それも、今までどうやって生きていたのかわからないくらいほぼ全域にわたって根腐れを起こしているようです。
どうしたものか迷ったのですが、私がサボテンを育てた時に身につけた知識である「根腐れになった根は、健康な組織の断面が見えるまでひたすら切り詰める」を実施しました。

その結果がこちら。
IMG_0079.jpg

もう、ほとんど根がない…
真柏や雑木類と違って黒松はそう簡単に発根してくれない印象があるので、春になってここから根が再生できるのかはとても心配なのですが、何もしないよりはいいでしょう。

元の鉢に植え付け、針金でしっかり固定し、根を大きく除去した分枝を少し減らして作業終了。
IMG_0080.jpg
なんとなくこの記事の最初の写真がこの木の正面かなーと思っていたのですが、独特の根張り(立ち上がり)を考えるとこっちを正面にしたほうが良さそうですね。
見栄えを気にしても枯れちゃったら意味ないので、まずは回復することを最優先にします。

ケヤキの植替えと吹かせ直し

8月には購入していたケヤキです。やっと紹介できた…
IMG_0053.jpg
幹がひん曲がっています。
まっすぐ伸びる箒作りが見どころのケヤキでこれはよくありません。
まあ500円程度の木ですから仕方ないのですが、このまま育てていても見た目が美しくないので、幹を途中でぶった切って芽を吹かせ直して箒づくりに仕立て直します。

IMG_0058.jpg
というわけで、幹を切断。この部分はもったいない精神で挿し木にします。
ついでに植え替えを行います。

IMG_0055.jpg
ポット鉢の中は何年植え替えが行われてなかったのかわからないくらい根がいっぱい。ぐるぐると長い根が回りきっていて塊になっていましたが、竹串でほぐしつつ根を切り詰めていきます。

IMG_0061.jpg
ほぐし終わると、意外と地中部に太い部分が長く残っています。しかも写真だとわかりづらいけどL字に曲がってるし…。
将来的に浅い鉢に植えつけることを考えると、地中部はなるべく浅いほうがいいので…。

IMG_0062.jpg
ここまで短縮しました。
もう5ミリくらい短くしたかったのですがさすがに根が少なくなりすぎて心配だったのでとりあえずここまで。
上の方の2本の根が分岐・充実したらさらにギリギリまで短縮するかもしれません。

IMG_0063.jpg
駄温鉢に植えつけて終了。
いい位置に芽が出てきてくれたらいいなあ…。ていうか結構がっつり根をさばいたのでまずは枯れないでほしいというのが本音ですね。

IMG_0065.jpg
そして、先ほど切断した邪魔な地中部。私が買ってから半年間ずっと地中にいて見えなかった部分ですが、これも捨てるのはもったいないので植えつけておきます。
IMG_0066.jpg
箒作りなんてできるはずがない素材ですが、お遊びで育ててみます。

八房杉の葉透かしと軽い針金かけ

これも例によって、格安で購入した八房杉の素材木です。
八房なだけあって、家の近所に生えている普通の杉よりも葉が小さく密になっています。
IMG_0028.jpg

こいつも直幹仕立てにするために葉透かしをしていきます。木ってだいたい頭頂部の枝や芽が勢い良く成長しますが、こいつの場合はそれが顕著で上の方ばかり新芽はでてくるし花をつけるし…。おまけに下枝は枯れかかっているものもあります。
樹勢を全て頭部に取られて下枝が全然成長しないんじゃないか?と思えたので上のほうを重点的に芽摘みしていく感じで作業しました。

また、幹が一直線ではなく、ゆるやかなS字に曲がっちゃってますね。
木が太る過程で自然にまっすぐになるかもしれませんが、念のためこれは矯正しておきます。

IMG_0032.jpg
作業後の木の正面(暫定)。

IMG_0033.jpg

割り箸を添え木にして真っ直ぐにしました。
ただ、そこまできつく矯正しているわけではないので、針金を外した途端に元のS字に戻っちゃいそうですが…
これも数年間は添え木をつけたまま育てていきます。
いい感じに枝が伸びてくれたらいいなあ。
プロフィール

一葉

Author:一葉
サボテン・多肉植物を育てたりいろんな木を盆栽っぽく仕立てたりしてその過程を記録するブログ。サボテンや盆栽趣味の同年代がほとんどいない20代。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR