大正キリン、開花!

一ヶ月ほどブログ更新サボってました。
今日ふとメールチェックしてみた所、FC2からメールが来ていました。

新着コメントのお知らせ……コメント!?

個人的な記録用ブログなんて誰も読んでないと思っていたのですが、どうやら閲覧者がいるようなのでサボらず真面目に更新します!
(植物好きな人達と交流して仲良くなりたいのでコメント大歓迎です!)

で、今日の話題はタイトルの通り。

IMG_0470_20170907173152971.jpg

大正キリンに花が咲きました!
写真撮影日は8月12日…一ヶ月近くブログ書くのサボってますね。
違うんです。いくらユーフォルビアとは言え、花はもうちょっと派手で綺麗に違いない、今はまだ満開ではないのだろうから満開になった時改めて写真撮って記事にしよう…と思い、満開になるまでずっと待っていたのです。

結論から言うと、どうやらこれが満開のようです。
IMG_0471.jpg

数日後、黄色い花粉の付いた雄しべが広がり、ほんのちょっとだけ華やかになりました。
サボテンのド派手な花に慣れちゃっていましたが、これが大正キリンの全力です。
IMG_0480.jpg

昨年5月に買った直後の写真と比べてみるとこんな感じ。アングルを完全に一致できていませんが、2倍以上に成長していることがわかりますね。
IMG_0507_comp.jpg

素人が育てて短期間でここまで育ち、花まで咲かせるのですから大正キリンは育てやすい強健種だと自信を持って言えます!
今回はこれ以外で開花しているユーフォはありませんでしたので交配等は何もしていませんが、いずれはユーフォルビア同士で交配してみたいですね。
スポンサーサイト

海の向こうから来たやつ

ユーフォルビアのタコモノの1つである、孔雀丸。
その綴化個体を購入しました。

IMG_0445.jpg

韓国産らしく、購入後は韓国から輸入されてきました。
自生地からの採取個体というわけではないので、これを「輸入物(輸入球)」というのはちょっと違いますが、一応輸入されて海外からやってきた個体というわけでウチでは唯一の外国産です。

IMG_0446.jpg
植物を輸出入する際、土を他国に持ち込んではいけないという検疫上の決まりにより、この株も土が根に一切ついていない…それどころか根もほぼ全て切り落とされた丸裸状態でやってきました。

そのためかはわかりませんが、我が家に来てから動きは無し。
焦って水やりしてこの蒸し暑い時期に根がほとんど水を吸わないのに過湿にして腐らせることがないよう、ビクビクしながらちょびっとだけ水をあげています。

新入り、瑠璃晃

瑠璃晃…ユーフォルビア・スザンナエがホームセンターに売ってたので買ってきました。

IMG_0403.jpg

棚には6つほど同じ瑠璃晃が並んでいたのですが、迷わずこいつをチョイス。
理由は何故かと言うと…

IMG_0404.jpg
成長点が2つに分かれています。分頭ですね。
これがどんどん成長していけばそれぞれの成長点から成長するため、Y字のような独特な形になるでしょう。
瑠璃晃はそんなに上に伸びる種類じゃないから、Y字というよりは横にだらーんと伸びたような形になるかも?
いずれにせよ面白いことになりそうです。他に分頭株は無くこれ1つでした。運命的な出会い!

IMG_0405.jpg
子株もたくさん。ちぎって増やせるし接ぎ木の練習にもできそう。
瑠璃晃は普及種ユーフォルビアの中でも特徴的?に根が弱く、なかなか育てるのが難しいらしいですが、頑張って育ててみます。

春駒を切る

ユーフォルビア、春駒。カット苗で購入したものを挿してました。
表面の模様が面白い種類の植物なのですが、こう大きいと引きで撮影せざるを得ず、また周囲の暗さと私の写真技術の無さで模様は全くわからないですね。
IMG_0385.jpg

買った当初からなのですが、真っ直ぐではなくちょっと曲がっているのが気になります。
3月に購入して、一月ほどで発根はしたのですがなかなか成長スタートせず、最近になってようやく動き始めました。

IMG_0386.jpg
赤い線から上が新たに成長した部分。
幹が曲がって斜めになってるのに新たな部分はまっすぐ上に伸びようとするもんだから、なんか変になっちゃってます。
姿を整えたいのと、縦に長過ぎてちょっと邪魔なので切り戻しました。

IMG_0387.jpg
上の部分はさらに2つに分割して挿し木します。
うまく行けば3本の春駒ができるわけですね。柱型でもりもり伸びそうな形をしてるのでユーフォルビア接ぎ木の台木に良さそう…(本当に適しているかは知らない)
というわけで、観賞用、兼、台木としてガンガン成長させていこう!

リチェイ錦の斑が…

前回掲載時は冬で、葉がない状態だったモナデニウム・リチェイ錦。
その後春になり、新葉が出てきました!
IMG_0348.jpg

新葉が出てきてる様子をアップで撮影しよう!
IMG_0349.jpg

……アレッ!?

黄色い斑が特徴の斑入り種であるリチェイ錦なのに、春から新しく伸びた部分には斑がありません!完全に緑です!

IMG_0350.jpg
足元から伸びてる子株なんて、新たに伸びた部分が緑色オンリーなだけに留まらず、黄色い斑の部分すらうっすらと緑色になってしまっています。
これではせっかくの美しい黄色斑が見られないではないか…原因は何?
葉緑素の生成を活発にする肥料「ペンタガーデン」を使ったから?でもそこまで多用してないよ?

そこそこ日当たりの良いところに置いてたから活発に光合成しようとして葉緑体が増えてしまったのかな?
半日陰に置いてるルガルディアエ錦は斑入りのまま変化なしです。

というわけで、リチェイ錦も直射日光のこない半日陰に移動させました。
最悪斑が残ってる茎の途中でぶった切って仔吹きさせればいいかな…。まずは原因が日当たりなのか否かを判定しなければ。
そしてペンタガーデンはこいつには使用禁止とします。
プロフィール

一葉

Author:一葉
サボテン・多肉植物を育てたりいろんな木を盆栽っぽく仕立てたりしてその過程を記録するブログ。サボテンや盆栽趣味の同年代がほとんどいない20代。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR