我が家の植物リスト

2017年4月1日現在。

・サボテン
エキノカクタス...金鯱
ギムノカリキウム...翠晃冠 尾形丸 緋花玉 モンビレイ 竜頭 麗蛇丸
ウチワサボテン...金烏帽子 銀烏帽子 墨烏帽子 初日の出(通常 子吹き) 青海波 武蔵野 プナ・ボンニアエ
マミラリア...内裏玉 黄金司 猩々丸 金洋丸 ブカレリエンシス 銀手毬 白玉兎綴化 松霞 桃花丸 
柱サボテン...金獅子 フェアリーキャッスル 竜神木 袖ヶ浦
ノトカクタス(パロディア)...青王丸 ヘルテリー 紅小町 金小町 
ハマトカクタス...竜王丸
フェロカクタス...刺なし王冠竜
エキノプシス...短毛丸(世界の図) 大豪丸
ステノカクタス..縮玉 刺なし縮玉 短刺剣恋玉
テロカクタス...和晃丸
アストロフィツム...兜丸 ルリ兜 般若
メロカクタス...種類不明
その他色々...綾波 姫牡丹 青磁牡丹 亀甲牡丹 日の出丸 不明2 不明3 不明4 シャコバサボテン(ダークマリー ホワイトベル) ドラゴンフルーツ リプサリス

・ユーフォルビアとその近縁なやつら

紅彩閣 白樺キリン 峨眉山 シンメトリカ 大正キリン ハナキリン(赤花大型 白にピンク斑大型 ピンク花) 九頭竜 モナデニウム(ルガルディアエ錦 リチェイ錦) サンゴアブラギリ

・その他多肉
エケベリア(トップシータービー 花うらら) コノフィツム(桜貝) ハオルチア(オブツーサ 十二の巻) アガベ(雷神) フォーカリア(四海波)  花月 フェネストラリア 帝玉 リトープス チタノプシス(天女)

・盆栽(素材の苗木含む)
真柏(通常 糸魚川1 糸魚川2 斑入り) 杜松(八房 斑入り) サルスベリ 日向夏 モミジ(山もみじ 野田) 黒松 イチョウ 長寿梅 梅(大盃 思いの儘) 石化ヒノキ イワヒバ(玉貴扇) ソテツ 実成クチナシ 四万十猫柳

・エアープランツ
ブッツィー ブルボーサ キセログラフィカ

・その他の植物(根塊・球根・その他の非多肉系)
亀甲竜 シクラメン(コウム)
スポンサーサイト

ブログ再開...するかも?

もう一年以上このブログを放置していた。

放置してた主な原因はもちろん更新がめんどくさかったからだけど、実は去年は平成28年熊本地震に被災し、家を離れて避難している間に水やりができなかったせいでほとんどの植物が枯れてしまったのだ。

この記事を書いている2017年2月3日の時点で本ブログに掲載している植物の中で生き残ったのは、真柏、梅(大盃)、サルスベリ、石化ヒノキのみ。
ブログ未掲載のものもあったが結局ブログに書く前に枯れてしまった。

生き残りのラインナップを見ると、やはり乾燥に強い松柏類、もともと強健だしある程度大きく育っていた梅など、納得のメンツが残っている。
(なぜサルスベリも生き残れたのかはよくわからない。運が良かったのか?)

というわけで昨年春に大量に植物を失ってしまったので、また新たに買い直そうとしたのだが...
その当時まだ熊本は余震が何度も続いており、またいつ何が起こるかわからないという不安から、これからは乾燥に強いサボテン等の多肉植物を育てていこうという方針にチェンジすることにした。

もちろん生き残った盆栽たちは今後もちまちま改作しつつ育てるが、今後このブログは盆栽の改作記録のみでなく我が家の植物全般の成長記録としていこうと思う。

そんなわけで、ブログ名も変えて再スタート。
まあまたすぐ飽きてしまって更新停止するかもだけど。
頑張って週に一回は更新したい。

植木まつりの戦利品

2月6日~9日に開催されている熊本支部盆栽展を見に行ってきました。
九州雅展の時の反省を踏まえて、今回は当日中にブログ更新します。

九州雅展は中品程度の大きさの木を4~5本使っていたのに対し、こちらは大きな木をどーんと一本、そのとなりに小さな飾りを添えるタイプの展示でした。
両手で抱えるほどのでっかい梅や真柏が非常に迫力満点でした。あんなのが育てられたらいいなあ…(置く場所がないけど)。

会場の隣の公園では熊本植木まつり(植木市?)が開催されており、様々な出店や植木の業者の出品がありました。
庭木だけでなく、鉢植えの盆栽サイズの木も売られていたのでぐるぐる見回して、ぴーんと来たものを購入しました。

IMG_0048.jpg

まずは梅(品種:大盃)。
でかい。うちにある木の中でダントツで最大サイズです。持って帰る時重かった…。
IMG_0049.jpg
一輪だけ花が咲いています。蕾がびっしり。

IMG_0050.jpg
ただ、梅は桜と違い、満開の姿には風情がない・3輪程度が慎ましく咲いているのが良いという風潮や、こんなにたくさん開花させたら木が体力を使い果たして枯れてしまうんじゃ!?という初心者の不安により、写真のように一箇所から3つ蕾が出ているような部分は中央の蕾を間引きしていき、全体的に蕾の数を減らしました。

実は私、今日が誕生日であり、年男でもあるのです。
この(今まで自分が買って育ててきた中では)かなり大物の木は、年男記念樹として購入したわけです。大事に育てたいですね。

次に購入したのが八房杜松。(撮影時には気づかなかったけどめっちゃピンぼけてた…)
IMG_0051.jpg
モッサモサです。春になったら一度バッサリ葉透かしをして姿出ししないことにはどうにもできないですね。
八房の杜松はネットで見た写真の芽吹きの様子がとても綺麗だったのと、こまめな芽摘み作業が楽しそうという理由で前から欲しかったのですがなかなか見つからず、今日の植木まつりで手頃な値段で売られていたので買っちゃいました。
(同じ店で売られてた斑入り真柏も…買えばよかったかも…)

IMG_0052.jpg
冬なので葉色が紅葉というか茶色がかっているのですが、この茶色と杜松の葉の特徴である銀色が入り混じり、なんとも渋い雰囲気になっています。
ネットの写真ではわからなかった見どころですね。
柔らかい雰囲気の真柏と違い、杜松はこの渋さが活かせるようなかっこいい木に仕立てたいですね。

そして今月末には盆梅展もあるらしい…行ったら多分また木を買っちゃうんだろうなあ…。
うちにある梅はピンク一重(大盃)と白&ピンクの混在八重(思いのまま)の2種類なので、白花一重の梅が欲しい…。
けどうちのベランダはもう置き場が無くて限界…どうしよう…。

九州雅展に行ってきました。

2014年12月に熊本で開催された九州雅展に行ってきました。
はい、もう2週間も前の話ですね。
こういうのは普通行ったその日にブログに書くもんですよね…。

普段盆栽に関する知識はネットでしか接することのない私にとって、生で素晴らしい盆栽をたくさん見ることが出来てとても有意義でした!

会場内は撮影OKでしたが、さすがに他の人の作品を無断でブログに公開はできないので写真は無しです…。
代わりと言ってはなんですが、即売会でいくつか木を買ってきたのでその報告です。
今回の写真は木の大きさがわかりやすいよう、ライターと一緒に撮影しています。

まずは長寿梅。
IMG_0047.jpg
いくつか花芽をつけているようなので、咲くのが楽しみです。

そしてイボタ。
IMG_0046.jpg
なんでこれ買っちゃったんだろう…
たぶん荒皮性とかじゃない普通のイボタだと思います。
サイズ的には十分今のままで小さくまとまっていると思うので、今後はこれをベースに枝のほぐれを充実させていく感じでしょうか。

最後に磯山椒。
IMG_0043.jpg
冬だというのに葉がてんこ盛りです。モサモサです。
暖かくなったら葉刈りしたいですね。
これを買うかキンズを買うかで悩んだ末、「キンズはちょっと難しいけどイソザンショウは強くて枯れにくいし挿し木で簡単に増やせるよー」という声でこちらに決定。
ミニのイソザンショウをたくさん作るのも面白いかもしれませんね。

うちにある木のリスト

2017年2月3日追記。
熊本地震を機に、今後は盆栽以外の植物もこのブログで取り扱うことにした。
なので今後我が家の植物が増えても、このリストは更新されない(別記事で改めてうちにある植物リストを作る)。
訂正線が引かれていないものは、熊本地震で避難中に水をあげられなかった状態でも生き残った者たち。他は全て枯れた...

うちにある木をいくらで購入したのかを忘れないための個人的なメモ。
(ていうかこの記事にかぎらず、そもそもこのブログ自体が木の成長と改作の記録を残すための個人的なメモなんですが…)

細かい数字は必要ないと思いますので、四捨五入してざっくりとした数値にして記載しています。

2015年2月7日時点。赤文字は盆栽イベント、青文字はネット(オークション)、緑文字はホームセンターの園芸コーナーで購入したもの。黒文字はその他。(ここに記載しているのは購入したもののみ。挿し木や実生でタダで増やしたもの、頂いたものなどはリストに含めない。)


購入した木のリスト

・長寿梅、1800円
・磯山椒、1500円
・イボタ、1200円

・梅(大盃)、2000円
・八房杜松、1000円
・ニシキギ、300円
・イチョウ、100円
・黒松、600円
・ベニシタン、400円
・五葉松(実生苗2本セット)、300円
・八房杉、300円

・糸魚川真柏1、2600円
・糸魚川真柏2、500円
・石化檜1、500円
・石化檜2、400円
・斑入り真柏、800円
・ケヤキ、500円

真柏、1800円
・梅(品種:思いのまま)、700円

・ナギ、100円(百均)
計 21本、17400円
プロフィール

一葉

Author:一葉
サボテン・多肉植物を育てたりいろんな木を盆栽っぽく仕立てたりしてその過程を記録するブログ。サボテンや盆栽趣味の同年代がほとんどいない20代。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR