九州雅展に行ってきました。

2014年12月に熊本で開催された九州雅展に行ってきました。
はい、もう2週間も前の話ですね。
こういうのは普通行ったその日にブログに書くもんですよね…。

普段盆栽に関する知識はネットでしか接することのない私にとって、生で素晴らしい盆栽をたくさん見ることが出来てとても有意義でした!

会場内は撮影OKでしたが、さすがに他の人の作品を無断でブログに公開はできないので写真は無しです…。
代わりと言ってはなんですが、即売会でいくつか木を買ってきたのでその報告です。
今回の写真は木の大きさがわかりやすいよう、ライターと一緒に撮影しています。

まずは長寿梅。
IMG_0047.jpg
いくつか花芽をつけているようなので、咲くのが楽しみです。

そしてイボタ。
IMG_0046.jpg
なんでこれ買っちゃったんだろう…
たぶん荒皮性とかじゃない普通のイボタだと思います。
サイズ的には十分今のままで小さくまとまっていると思うので、今後はこれをベースに枝のほぐれを充実させていく感じでしょうか。

最後に磯山椒。
IMG_0043.jpg
冬だというのに葉がてんこ盛りです。モサモサです。
暖かくなったら葉刈りしたいですね。
これを買うかキンズを買うかで悩んだ末、「キンズはちょっと難しいけどイソザンショウは強くて枯れにくいし挿し木で簡単に増やせるよー」という声でこちらに決定。
ミニのイソザンショウをたくさん作るのも面白いかもしれませんね。
スポンサーサイト

挿し木サルスベリの美容手術

実家の庭木のサルスベリの挿し木です。

伸びた枝を何も考えず同じ所で切り戻していると、切った枝の根本が団子状に太ってくるので、その団子部分を切り取って挿し木にしました。
今年の11月上旬に切断・挿し木をして、約2ヶ月程度でここまで芽吹いてきました。
IMG_0035.jpg
IMG_0034.jpg

まだどっちが正面かも決められない段階だけど、強いていうなら2枚目の方が正面かな…?
枝が出来てこないことには決められないので、当分未定ですね。
IMG_0036.jpg
このサルスベリ、元は庭木でしたので幹の傷(切断痕)はまったくケアされておらず、大きな傷跡が残ったままです。
せっかく樹皮の美しいサルスベリがこんなのじゃもったいないので、傷が肉巻きするよう処置をします。

IMG_0037.jpg
古傷なので一旦周辺を削って形成層を露出させてから…

IMG_0038.jpg
カットパスターを傷口に貼り付けて保護。(写真ではちょっと形成層がはみ出ちゃってますが、この後カットパスターを追加で盛っています。)

IMG_0039.jpg
3箇所ほど同様の処置をしました。
ホントはもっとたくさんやらなきゃいけないけど、一度に多量に削って木に負担をかけるのが怖いので少しづつ治療します。

IMG_0040.jpg
写真に青矢印で書き足した位置に芽が出てくれると、そこから赤で書いたような枝を作り、これを芯(主幹?)にするとまとまりのいい形になりそうな感じがしますが、現状この位置には芽がありません…

うまいことここから新芽が出るよう祈るしかありませんね。
プロフィール

一葉

Author:一葉
サボテン・多肉植物を育てたりいろんな木を盆栽っぽく仕立てたりしてその過程を記録するブログ。サボテンや盆栽趣味の同年代がほとんどいない20代。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR