貫禄がある青王丸

もう長いこと育ててる青王丸。
栽培期間の割に、半ばインテリア的に放置してた期間もあるのでそんなに大きくはなってない。
百均出身で、買った頃は親指の先ほどしか無かったので一応大きくはなってるんだけど。
IMG_0214.jpg

茶膜が上がりやすい青王丸、こいつも例に漏れず茶膜が全体の半分ほど覆っている。
一応年数だけは10年近く経っている上に前述の理由で成長は遅いので、下の方の茶膜はもう10年経った肌ということになる。
黒い用土を使っていたこともあり、やや黒ずんだ茶膜がいい感じに渋い風格を出していてとても好きな姿。

IMG_0215.jpg
来週にでも植え替えしてあげよう。
元肥たっぷり混ぜ込んでおくからそろそろ花を見せてくれよ~。
スポンサーサイト

我が家のモナデニウム2種

モナデニウムはユーフォルビアじゃないけど近縁種だとか、近縁どころかじきにこれらもユーフォルビアに統合されるとかよくわからないので、とりあえずこのブログではカテゴリー乱立を避けるためにもモナデニウム=ユーフォルビアとして扱う。

これはたぶん去年の秋~冬くらいに買ったモナデニウム・ルガルディアエ錦。

IMG_0217.jpg

寒い時期なのでビビって放置していたが、うちは室内が温かいので普通に管理したほうが良さそう。というわけで通気性の良い土に植え替え。
IMG_0216.jpg

白い斑の入った体にピンクの葉がとてもいい色でお気に入り。
まあこのピンクは多分寒さに当てたときにしか出ないやつだろうから暖かい間は楽しめないんだろうけど...

次に本日購入したモナデニウム・リチェイ錦。
IMG_0218.jpg
寒いところで管理されていたのか、葉が全て落ちている。
鮮やかな斑の入った茎だけの状態になっており、これはこれで面白い。

IMG_0219.jpg
赤い点は葉が出る予定の部分の極小の新芽?まさか蕾じゃないよね。

ネットで初めてモナデニウムという植物を知った時に見た写真がリチェイ錦のものだったので、いつか見かけたら絶対に買おうと探していて、ようやく入手することが出来た。
ルガルディアエの方はなんとなく寄ったホムセンで見かけて、モナデニウムはリチェイしか知らなかった私は「へーえ、こんなのもあるんだ」と衝動買いしたのだが、葉の形や色でリチェイと差別化出来ているのでなかなか良い。

どちらもぽつぽつ分岐(子吹き?)してるので、頑張れば増やせそう。

今年も大盃が咲いたよ

毎年冬に花を咲かせてくれる大盃が今年も咲きました。
(実は一週間くらい前から咲いてた)
IMG_0205.jpg

購入した直後を含め、これで開花は3回目。丸2年を家で過ごしたことになります。
去年の夏は葉がハダニにやられてボロボロになり、ほとんど枝が伸びなかったので樹も弱ってるだろうと思い花にはあまり期待してなかったのですが、咲いてみると割と例年通りいっぱい花を咲かせてくれました。

樹に無理に体力を消耗させてなければいいけど...

問題は今後の方針。
幹の形が気に入って購入したので、このままこの大きさを維持しつつ育てて古さが出ていけばと思うのですが(欲を言うと下枝をもっと充実させて横から見て三角形に枝が広がるようにしたい)、

前述の通りハダニにやられて成長が阻害されたため、枝の根本に葉芽ができているか心配。
できてなければ初年のように花後に枝を短く剪定できないから小さくまとめるのが困難になってしまう。
まあその時は枝接ぎでもしてみよう。
IMG_0204.jpg


幹にシャリも入れたいがどこにどういう風に入れるのがかっこいいかまだ自分の中で定まってないので保留。
3月に入った頃にでも植え替えをしよう。

新顔の紅小町&金小町

百均で新たにサボテンを買ってきました。どちらもノトカクタス。

まずは紅小町。
IMG_0191.jpg

IMG_0189.jpg
白くてきれいな新刺がファサーっと出ている姿が気に入り購入。
元気そうだし春からの成長に期待できそう。

次に金小町。
IMG_0194.jpg
IMG_0193.jpg
こちらも新刺をもりもり出している。

松霞を植え替え

百均出身のマミラリア・松霞を植え替えた。
小さなサボテンだが将来群生して横に広がっていくことを期待して、浅くて広い盆栽鉢に植え替え。
素焼き鉢のように通気性のある鉢(盆栽でいうところの"泥鉢")なので、通気性が重要なサボテンに対しても問題なく使えるだろう。
IMG_0178.jpg

植え替え作業中に刺が外れてしまった。刺落ちはサボテンが弱っている兆候...
まあ、環境の悪い店内にずっといたのだから仕方ない。春になったら日光と肥料をたくさんあげるからもうちょっと我慢してくれ。
IMG_0179.jpg
盆栽の鉢は四角い直線的なものが好きなのでこういう丸い鉢はあんまり使いたくなかったんだけど、サボテンを植える場合はむしろ丸いほうが植物と鉢がマッチしてて良いかも。

我が家の植物リスト

2017年4月1日現在。

・サボテン
エキノカクタス...金鯱
ギムノカリキウム...翠晃冠 尾形丸 緋花玉 モンビレイ 竜頭 麗蛇丸
ウチワサボテン...金烏帽子 銀烏帽子 墨烏帽子 初日の出(通常 子吹き) 青海波 武蔵野 プナ・ボンニアエ
マミラリア...内裏玉 黄金司 猩々丸 金洋丸 ブカレリエンシス 銀手毬 白玉兎綴化 松霞 桃花丸 
柱サボテン...金獅子 フェアリーキャッスル 竜神木 袖ヶ浦
ノトカクタス(パロディア)...青王丸 ヘルテリー 紅小町 金小町 
ハマトカクタス...竜王丸
フェロカクタス...刺なし王冠竜
エキノプシス...短毛丸(世界の図) 大豪丸
ステノカクタス..縮玉 刺なし縮玉 短刺剣恋玉
テロカクタス...和晃丸
アストロフィツム...兜丸 ルリ兜 般若
メロカクタス...種類不明
その他色々...綾波 姫牡丹 青磁牡丹 亀甲牡丹 日の出丸 不明2 不明3 不明4 シャコバサボテン(ダークマリー ホワイトベル) ドラゴンフルーツ リプサリス

・ユーフォルビアとその近縁なやつら

紅彩閣 白樺キリン 峨眉山 シンメトリカ 大正キリン ハナキリン(赤花大型 白にピンク斑大型 ピンク花) 九頭竜 モナデニウム(ルガルディアエ錦 リチェイ錦) サンゴアブラギリ

・その他多肉
エケベリア(トップシータービー 花うらら) コノフィツム(桜貝) ハオルチア(オブツーサ 十二の巻) アガベ(雷神) フォーカリア(四海波)  花月 フェネストラリア 帝玉 リトープス チタノプシス(天女)

・盆栽(素材の苗木含む)
真柏(通常 糸魚川1 糸魚川2 斑入り) 杜松(八房 斑入り) サルスベリ 日向夏 モミジ(山もみじ 野田) 黒松 イチョウ 長寿梅 梅(大盃 思いの儘) 石化ヒノキ イワヒバ(玉貴扇) ソテツ 実成クチナシ 四万十猫柳

・エアープランツ
ブッツィー ブルボーサ キセログラフィカ

・その他の植物(根塊・球根・その他の非多肉系)
亀甲竜 シクラメン(コウム)

ブログ再開...するかも?

もう一年以上このブログを放置していた。

放置してた主な原因はもちろん更新がめんどくさかったからだけど、実は去年は平成28年熊本地震に被災し、家を離れて避難している間に水やりができなかったせいでほとんどの植物が枯れてしまったのだ。

この記事を書いている2017年2月3日の時点で本ブログに掲載している植物の中で生き残ったのは、真柏、梅(大盃)、サルスベリ、石化ヒノキのみ。
ブログ未掲載のものもあったが結局ブログに書く前に枯れてしまった。

生き残りのラインナップを見ると、やはり乾燥に強い松柏類、もともと強健だしある程度大きく育っていた梅など、納得のメンツが残っている。
(なぜサルスベリも生き残れたのかはよくわからない。運が良かったのか?)

というわけで昨年春に大量に植物を失ってしまったので、また新たに買い直そうとしたのだが...
その当時まだ熊本は余震が何度も続いており、またいつ何が起こるかわからないという不安から、これからは乾燥に強いサボテン等の多肉植物を育てていこうという方針にチェンジすることにした。

もちろん生き残った盆栽たちは今後もちまちま改作しつつ育てるが、今後このブログは盆栽の改作記録のみでなく我が家の植物全般の成長記録としていこうと思う。

そんなわけで、ブログ名も変えて再スタート。
まあまたすぐ飽きてしまって更新停止するかもだけど。
頑張って週に一回は更新したい。
プロフィール

一葉

Author:一葉
サボテン・多肉植物を育てたりいろんな木を盆栽っぽく仕立てたりしてその過程を記録するブログ。サボテンや盆栽趣味の同年代がほとんどいない20代。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR