春駒を切る

ユーフォルビア、春駒。カット苗で購入したものを挿してました。
表面の模様が面白い種類の植物なのですが、こう大きいと引きで撮影せざるを得ず、また周囲の暗さと私の写真技術の無さで模様は全くわからないですね。
IMG_0385.jpg

買った当初からなのですが、真っ直ぐではなくちょっと曲がっているのが気になります。
3月に購入して、一月ほどで発根はしたのですがなかなか成長スタートせず、最近になってようやく動き始めました。

IMG_0386.jpg
赤い線から上が新たに成長した部分。
幹が曲がって斜めになってるのに新たな部分はまっすぐ上に伸びようとするもんだから、なんか変になっちゃってます。
姿を整えたいのと、縦に長過ぎてちょっと邪魔なので切り戻しました。

IMG_0387.jpg
上の部分はさらに2つに分割して挿し木します。
うまく行けば3本の春駒ができるわけですね。柱型でもりもり伸びそうな形をしてるのでユーフォルビア接ぎ木の台木に良さそう…(本当に適しているかは知らない)
というわけで、観賞用、兼、台木としてガンガン成長させていこう!
スポンサーサイト

翠晃冠に初めての花が!

ギムノカリキウムの翠晃冠です。
IMG_0301.jpg

写真は4月20日撮影のもの。厳冬期は室内管理でしたが、3月あたりの「まだ寒いけど、少しくらい寒さに当てたほうが花芽形成が促される種類のサボテンも居るし、外に出そう」と屋外管理したら紫色になってしまいました。
さすがにこんな状態じゃなかなか成長始めないな…と思っていたのですが、一ヶ月後にふと見てみると、

IMG_0303.jpg
刺座の根本にあるこのピンク色の小さな点は…蕾…?
翠晃冠が初の蕾を付けてくれました!

その後、思ったより蕾の成長は遅く、6月16日の夜帰宅してみると…
IMG_0369.jpg
咲いてる!

IMG_0372.jpg
夜なのでちょっと閉じかけですが。

そして今日の昼には!
IMG_0378.jpg
満開!
翠晃冠らしい白い花です。

IMG_0377.jpg
同じギムノカリキウムである麗蛇丸がそろそろ咲きそうなので、花粉を保存しておいて結実させてみようかな?
いや、普及種の雑種なんて需要ないもののためにまだ小さいサボテンに無理をさせないほうが良いか…

懲りずに実生接ぎ

前回杢キリンの紹介記事を書いた際に、枝を剪定した断面にサボテンの実生苗を置いて実生接ぎを試していた…と言いました。
結論から言うと失敗しました。なんかくっついてたっぽいから行けると思ったんだけどなあ…
しかし諦めていては永久に接ぎ木成功できませんので、懲りずに再チャレンジします。

IMG_0382.jpg
杢キリンの伸びたばかりの新枝を切って、断面に烏羽玉の実生苗を置きました。

IMG_0379.jpg
次にこの墨烏帽子。前回掲載時は10センチ程度だったかと思いますが、いつの間にやら2倍以上の長さに育ってます。

IMG_0381.jpg
この墨烏帽子の頭をカットし、断面に兜丸の実生苗を置きました。
手前に映ってるのはカットした兜丸の下半分…すなわち逆さ接ぎをしたのですが、写真取った後ポロリと落ちちゃいました。

IMG_0383.jpg
実生接ぎ、最後の実験台はこいつ。なんかよくわからないウチワサボテン。(写真左。右のはドラゴンフルーツ)
綴化ウチワサボテン「青海波」の先祖返り枝をカットして挿してたら根付いたものです。

IMG_0384_20170617182004ad5.jpg
こいつにはルリ兜を接いでみました。
今回の3つの接ぎ木は全て乾燥防止のためこのようにラップを掛けています。

これらの実生苗は全て数週間前に発芽したばかりで、また双葉の姿でアレオーレすら出ていません。早すぎかな?まあいいや。
あんまり接ぎ木の時期が速すぎると奇形気味に育っちゃうらしいですが、まあそれはそれで変わり芸になるなら良いし、
速すぎて正常な成長に害が出るなら今後の参考になるので、テストを兼ねた実験、ということで。

今のところ様々な接ぎ木方法で全敗してるからそろそろ成功してくれよ…!

サンゴアブラギリ、元気に成長中!

3月の前回掲載時は葉っぱ1枚しか無かったサンゴアブラギリですが、暖かくなったらぐんぐん成長をしていました。
IMG_0364.jpg

もう葉は5枚。成長点付近をよく見ると6枚目の葉となる芽も控えています。
ここまで大きな葉がたくさんあるのに、鉢は買った当初の小さなものなので、すぐ乾燥してしまいます。
コーデックスじゃなかったらとっくに干からびてるペースで水がなくなります。
そして、こんだけ成長早いなら根もすごいペースで伸びて、こんな小さな鉢ではすぐいっぱいになってしまうだろう…

IMG_0365.jpg
ということで大きな鉢に植え替えました。これでしばらくはもりもり成長しても安心!

あとは早く花を咲かせて欲しい…あの特徴的な花を早く見たい!そして結実させて実生もしたい!

杢キリンの成長と実生接ぎ

我が家の最もサボテンっぽくない見た目のサボテン、杢キリンです。
IMG_0366.jpg

浅植えなせいでちょっと傾いちゃってます。
気になるので今日これをまっすぐに植え直しました。

もともとカット苗で購入したもので、春から新枝が伸びてきて、あまりにもぐんぐん伸びるので一旦切断しました。
それから2週間で、切断面の下の2箇所から新芽が伸びてきました。木の葉サボテンだから当然といえば当然ですが、サボテンとは思えない成長の早さ。

IMG_0368.jpg
切断面には袖ヶ浦の実生苗を実生接ぎしています。
写真は接いで2週間たった時点ですが、2週間たってもしぼまず現状維持してるというのはとりあえずくっついているのかな…?
成長もしていませんが。まあ様子見ですね。

プナ・ボンニアエ増殖中!

前回は「台木が新芽を出すばっかりで穂木には全然変化がない…」という形で紹介したプナボン。
記事を書いてから一ヶ月半経った現在…

IMG_0344.jpg
ただの球体だったプナボンがすっごい成長してるぅーーー!
いや、台木のウチワの伸びもすごいですけどね。結局切っても切ってもぐんぐん新芽が出るので放置した結果です。
IMG_0346.jpg
まだ新節は小さく、まんまるではありません。
これから成長して膨らんでいって、丸い球体が数珠つなぎになったプナボン特有のおもしろ姿を見せてくれることでしょう。

IMG_0345.jpg
上から見た図。
今のところ新球は6つのようです。

IMG_0347.jpg
そして、今まで広い面積で頑張って光合成してくれていたであろう台木の芽は邪魔なので切り取りました。
どうせまたすぐ生えてくるし。

せっかくなので(?)恒例の「切った断面を放置するのももったいないのでとりあえず実生接ぎ」をしてみました。
なんかひょろっとした苗。実生苗の鉢ひっくり返しちゃってラベルも外れたのでなんなのかもわからない。
ひっくり返してまだかなり小さいのに植え替えしちゃったショックで成長が止まり、ひょろりと伸びてしまったサボテン実生苗。
兜かロホホラの何かだと思うけど…ひょっとすると牡丹類かも?

成長したら正体が判明するでしょうが、この実生接ぎは切り落としたウチワの断面を有効活用したくてやっただけなので特に成功させるつもりはありません。保湿とかの接ぎ木後のケアは一切なし。ダメ元でやって成功したらラッキーって感じ。

縮玉の花と成長

ノーマル縮玉。
2016年の2月あたりに買ったので、今年で丸一年とちょっとが経過したことになります。
IMG_0251.jpg
蕾がある状態で購入したので買った直後に花を咲かせてくれましたが、今年は…

IMG_0252.jpg
今年も蕾を出してきました!やったぁ!
うちでの一年間で弱ることなく成長してくれた証拠…と考えて良いのかな。
一年で判断せず、毎年咲かせられるようになってこそ一人前だな。

この蕾状態だったのがちょうど4月1日。
それからおよそ一ヶ月経った4月24日…

1496400060295.jpg
開花しました!
去年より花は小ぶりだけど、その代わり花がしぼむと入れ替わりで新しい蕾が出てきて、合計3回も開花させてくれたので結構長期間花を楽しむことが出来ました。
花粉を雌しべにつけてみたけど結実はしませんでした…やはり自家受粉はしないか…

そして花も終わった現在の様子。
IMG_0351.jpg
おや…?

IMG_0352.jpg
トゲの勢いがすごい!すごいぞ!?
去年までの他のトゲとは比べ物にならない太さです。
実は今年の春からサボテンフレームを作ったので、日が当たるうちは少しだけ高温になるのです。
それがうまいこと良い影響を与えたのかな?
とりあえず一度良いトゲが出てしまったら今後この勢いをキープしなければ一部分だけトゲが元気な変な姿になってしまうので、頑張って良好な成長を維持したいですね!

リチェイ錦の斑が…

前回掲載時は冬で、葉がない状態だったモナデニウム・リチェイ錦。
その後春になり、新葉が出てきました!
IMG_0348.jpg

新葉が出てきてる様子をアップで撮影しよう!
IMG_0349.jpg

……アレッ!?

黄色い斑が特徴の斑入り種であるリチェイ錦なのに、春から新しく伸びた部分には斑がありません!完全に緑です!

IMG_0350.jpg
足元から伸びてる子株なんて、新たに伸びた部分が緑色オンリーなだけに留まらず、黄色い斑の部分すらうっすらと緑色になってしまっています。
これではせっかくの美しい黄色斑が見られないではないか…原因は何?
葉緑素の生成を活発にする肥料「ペンタガーデン」を使ったから?でもそこまで多用してないよ?

そこそこ日当たりの良いところに置いてたから活発に光合成しようとして葉緑体が増えてしまったのかな?
半日陰に置いてるルガルディアエ錦は斑入りのまま変化なしです。

というわけで、リチェイ錦も直射日光のこない半日陰に移動させました。
最悪斑が残ってる茎の途中でぶった切って仔吹きさせればいいかな…。まずは原因が日当たりなのか否かを判定しなければ。
そしてペンタガーデンはこいつには使用禁止とします。
プロフィール

一葉

Author:一葉
サボテン・多肉植物を育てたりいろんな木を盆栽っぽく仕立てたりしてその過程を記録するブログ。サボテンや盆栽趣味の同年代がほとんどいない20代。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR