スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接ぎ木の近況

接ぎ木を行ったサボテンたちの近況です。

IMG_0510.jpg
刺無縮玉。
活着当初は爆発的な勢いで成長していましたが、一旦その勢いは落ち着き、今は「自根株よりは成長早いかな?」という程度の成長具合です。
というか、刺無縮玉にかぎらず接ぎ木は最初ものすごく成長→一ヶ月位で勢いは落ち着く、というパターンが多いような気がします。
これが普通?なにかやり方が悪くて途中で勢いが失速してるの?

IMG_0514.jpg
ルリ兜。仔吹きしまくり!
ようやく兜っぽい顔になってきました。子株はもっと大きくなったらいずれ取ります。

IMG_0513.jpg
逆光で見づらいけど、青磁牡丹。
こちらも牡丹類っぽい見た目になっています。自根の兄弟株はまだみんな米粒のような大きさなので、成長速度の違いは一目瞭然です。

IMG_0515.jpg
プナ・ボンニアエ。
カキコの1つをキリンウチワに接いだ所、もう5つの新たな子株が出てきました。

IMG_0517.jpg
千波万波。
百均出身のフェアリーキャッスル?に接いだものです。
まだ爆発的成長はしていませんが新たにトゲも出し、自根兄弟株よりは早く大きくなっています。

IMG_0518.jpg
同じくフェアリーキャッスル接ぎの短毛丸。
短毛丸なんて丈夫なサボテンだから接がなくてもいいじゃん、と思ったけど、短毛丸は台木にもなるので、いざという時のための台木量産目的で成長促進させます。

以上、接ぎ木成功してもりもり成長しているやつらの紹介でした。
スポンサーサイト

効果はあるのか?多肉50℃洗い…

「50度洗い」というものを聞いたことはありますか?
料理好きな方はご存知かもしれませんね。
買った後に日が経ってしんなりしてしまった野菜を、水ではなく50度のお湯に浸すことで元通りしゃきっとみずみずしくなる…というテクニックです。

なんと、これを生きた植物に使おうという技があるのです。
農業等で、イチゴやきゅうり等の作物をたくましく育てるためにお湯をぶっかけるようです。

お湯をかけて元気に育つなら、多肉の栽培にも使えるのではないか…?
というのが多肉50度洗いです。
現在多肉植物栽培におけるメジャーなテクニックでは無いようで、ほとんど情報はありませんが、とある方がハオルチアで試してみた所発根が促進されたとかなんとか・・・
(無断でリンクを貼るわけにも行かないので気になる人はぐぐってみて…)

というわけで、今回はそういう実験です。
IMG_0263.jpg
実は今年の四月に、ハオルチア・オブツーサの植え替え、カキコ外し、胴切りを行っていました。
で、手に持っている挿し穂の方、なかなか発根しないので、こいつで実験します。偶然にも先行実験と同じくハオルチアです。


IMG_0332.jpg
50度のお湯にオブツーサを投入!
温度計で50度を超えないようにしっかりチェックしてから入れてくださいね。
今回は熱帯魚用の水温計を使いました。
お湯につけた後は、しゃぶしゃぶみたいにピンセットで摘んで適当に1分くらいぐるぐるさせてました。
写真には撮っていませんが、このオブツーサと同じくらいの小さなエケベリアもお湯漬けしました。鉢ごと完全水没。

IMG_0342.jpg
カット苗で購入したキリンウチワも、輸送途中でしんなりしていたのでお湯へダイブ!
写真には1本しか映っていませんが、実際は比較ができるように3本をお湯につけてから挿し木、残り3本は何もせずそのまま挿し木してみました。

1分経ってお湯から引き上げてみるも、特にシャキっとしている様子もなく、しんなり感が悪化した様子もなく、要するに何も変わっていませんでした。

そして様子を見ること1,2ヶ月…


なーんにも変化がない!
つまり、なかなか発根しないオブツーサはやっぱり発根しないし、キリンウチワはお湯につけたグループもつけてないグループも同じようなタイミングで発根して同じような勢いで成長するし、エケベリアも枯れもせず急成長もせず現状維持な感じ…

メリットもデメリットも一切ない、何の影響もないという、なんともつまらない結果となってしまいました。
あっ、ただ、虫は結構死にます。
指で触ってみるとわかりますが50度ってそこそこ熱いので、植物につく小さな虫には大ダメージです。
ダニやカイガラムシ退治のために植物を丸ごと水に数時間漬けて虫を溺死させるという技がありますが、お湯なら数時間が数分に短縮できそうです。

もしかして元気な植物には何の意味もないのか?弱っているときこそ真価を発揮するテクニックなのか?
もうちょっと実験してみないと真相はよくわかりません…

フォエチダ…恐るべし…

7月下旬に記事に書いた、たった一つだけ発芽したドルステニア・フォエチダ。
当時の写真↓
IMG_0415.jpg
この写真ではかろうじて先が太いから雑草ではないんだろう…という不安混じりの紹介でしたが、

現在はこのとおり!
IMG_0500.jpg
旺盛に葉を茂らせて、元気に成長しています。

雑草とは間違えようもないくらい、幹もこんなにまるまると太って…
IMG_0501.jpg


…ん?

……ええ?



IMG_0504.jpg
花咲いてるぅ~~~!!!!

驚きのあまり、本来記録用なんだからちゃんとした写真載せないといけないのに集中線とかつけちゃったよ!

え?今年の7月に発芽した苗がたったの一ヶ月半で花咲かせるとかアリなの?
IMG_0503.jpg
裏側にもう一つ蕾が控えています。

このとき私は、ネットで見かけたフォエチダについての情報を思い出したのです…
「フォエチダは元気に成長して花を咲かせ、それが勝手に自家受粉して種を撒き散らすのでまるで雑草のようにやたらと増える」

この脅威の生命力を間近で感じて、この話はどうやら嘘ではなさそうだぞ…と思ってきています。
まあこの一株しかドルステニアは無いから、自家受粉で勝手にバンバン増えてくれるのはひとまずありがたいけどね…

今後はこいつに無事に種ができるのかどうか、こまめに観察してみます。

竜頭も開花!

ブログ更新サボってた間の開花シリーズ、第2弾。

竜頭の開花です!

IMG_0488.jpg

うちで咲いたギムノカリキウム、翠晃冠、麗蛇丸に続く3種類目。
白花の翠晃冠、ピンク花の麗蛇丸でしたが、竜頭は白メインで中心部だけ赤紫っぽい色。

IMG_0493.jpg
底紅、っていうんですかね?
このカラーリング、大好きなんです。
ちょっと曇り続きだったからか、初めての花だからか、それとも撮影時間帯の問題かはわかりませんが、全開まで花が開ききっていないように思えます…
なので写真では真ん中の赤色はあまりよく写りませんでした。
IMG_0495.jpg

まじまじと花を見て楽しめるのは栽培者の特権ですね。

大正キリン、開花!

一ヶ月ほどブログ更新サボってました。
今日ふとメールチェックしてみた所、FC2からメールが来ていました。

新着コメントのお知らせ……コメント!?

個人的な記録用ブログなんて誰も読んでないと思っていたのですが、どうやら閲覧者がいるようなのでサボらず真面目に更新します!
(植物好きな人達と交流して仲良くなりたいのでコメント大歓迎です!)

で、今日の話題はタイトルの通り。

IMG_0470_20170907173152971.jpg

大正キリンに花が咲きました!
写真撮影日は8月12日…一ヶ月近くブログ書くのサボってますね。
違うんです。いくらユーフォルビアとは言え、花はもうちょっと派手で綺麗に違いない、今はまだ満開ではないのだろうから満開になった時改めて写真撮って記事にしよう…と思い、満開になるまでずっと待っていたのです。

結論から言うと、どうやらこれが満開のようです。
IMG_0471.jpg

数日後、黄色い花粉の付いた雄しべが広がり、ほんのちょっとだけ華やかになりました。
サボテンのド派手な花に慣れちゃっていましたが、これが大正キリンの全力です。
IMG_0480.jpg

昨年5月に買った直後の写真と比べてみるとこんな感じ。アングルを完全に一致できていませんが、2倍以上に成長していることがわかりますね。
IMG_0507_comp.jpg

素人が育てて短期間でここまで育ち、花まで咲かせるのですから大正キリンは育てやすい強健種だと自信を持って言えます!
今回はこれ以外で開花しているユーフォはありませんでしたので交配等は何もしていませんが、いずれはユーフォルビア同士で交配してみたいですね。
プロフィール

一葉

Author:一葉
サボテン・多肉植物を育てたりいろんな木を盆栽っぽく仕立てたりしてその過程を記録するブログ。サボテンや盆栽趣味の同年代がほとんどいない20代。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。