刺無縮玉の救出!

半年ほど前に大阪遠征で買ってきた刺無縮玉。
ある日サボテンに水やりをしていた際、うっかり触ってしまいました。
普通だったらちょっと触るくらいじゃ何も起きないのですが…

IMG_0401.jpg
ごろん。
そのまま倒れてしまいました。
つまり地中には一切根を張っていないということ…。買った直後はほとんど根がない状態でしたが一応春には成長をしていたので、発根しているはず。これはおかしい。
ということで鉢から引き抜いてみると根はボロボロ。適当なところで胴切りすると維管束は真っ赤…
はい、根腐れです。

腐りの入っていないところまで切っていくと、このY字の先端部のパチンコ玉程度の大きさの部分しか残らないくらい深く腐敗が進行していました。
こんなに小さいと発根する前に干からびてしまうので諦めるしか無いのですが、今年は接ぎ木用台木をたくさん用意していたので、ダメ元でキリンウチワに接いでみました。

IMG_0402.jpg
ラップで包んで保湿しました。保湿ついでにちょっとラップをぴんと張るようにして、穂木を台木に圧着するような力もかけました。

IMG_0429.jpg
接ぎ木から2週間後、ラップを外した様子。
くすんだ緑色をしています。

そして施術から一ヶ月後…
IMG_0442.jpg
穂木はみずみずしい質感の緑色になり、パンパンに膨れ上がっています!
成長点も動き、若干大きくなりました。接ぎ木成功です!
今まで一度も接ぎ木成功したことなかったのに、失敗したら刺なし縮玉は我が家から失われてしまうこの状況で初めて成功するとは!奇跡です。
このまま接ぎ木パワーで勢い良く成長して仔吹きさせて、いくつか予備を確保したいな。
とりあえずは安心して栽培できそうです。

フォエチダ唯一の発芽

一ヶ月ほど前にドルステニア・フォエチダの種子を購入し、種まきをしていました。
IMG_0413.jpg

待っても待ってもなかなか芽が出ない…と思ったら、なんか草が一本生えてきました。
ただその見た目は…これ、雑草じゃない?と思ってしまうほど何の変哲もないただの草。
でもひょっとしたら…としばらく育てていました。

IMG_0414.jpg
ネットで見かけるドルステニアの葉の形に似ているような、そうでもないような形の本葉が生えてきました。

IMG_0415.jpg
ただの雑草にしては茎が太く、コーデックスになりそうな風格なので、きっとこれはちゃんとドルステニアなのでしょう。
日の当たる方向に曲がってしまっている。鉢回ししなくては。
そしてこの1株しか発芽しなかったので絶対に枯らしてはならない!慎重に育てよう。

新入り4、スタペリフォルミス

4連続で行われた新入り植物紹介記事のラストはこちらです。
セネシオ・スタペリフォルミス。和名は銀錫杖…だったっけ?日本語よりもスタペリフォルミスの方が何だか覚えやすい…気のせい?
IMG_0406.jpg

販売時の鉢は底穴も空いていない植物を育てるためのものではないタイプだったので、即植え替えをしてスリット鉢に入れました。
そういえば販売時の鉢はプラスチックにメッキを施したもので…鏡のような銀色…銀…
ひょっとして、「銀錫杖」だから!?ラベルには学名しか書いてなかったのに!?
和名を知るものだけが気づく高度なギャグだったのでしょうか…
鉢の色に合わせて、銀色に着色された化粧砂が表面に撒かれていて下は完全に銀色一色だったので、もうわざと名前の"銀"に合わせたとしか考えられなくなってきた…

IMG_0407.jpg
陳列期間が長かったのか?先端は徒長してしまっています。これでも一応いちばんマシなものを選んだのですが。
まあいいか。最悪切り戻しすればいいし。

IMG_0408.jpg
面白い模様だなあ
姿も面白いけど、どうやら花もなかなかきれいらしい。頑張って育てて開花させたいな。

新入り3、緋牡丹

緋牡丹ってギムノだっけ?緋牡丹玉や緋牡丹錦はギムノだけど…
まあいいや、よくわからないからこのブログではギムノということにしよう。
IMG_0411.jpg

本格的にサボテンを集め始めてから1年半ほど経ちましたが、全斑のものはこれが初めてです。

IMG_0412.jpg
赤い!良い色!
買ってきた当初はカラッカラに乾いてて台木の三角柱もシオシオだったので慌てて水をやりました。
ちょっとはふっくらした…かな…?

緋牡丹はこの真っ赤なもの以外に、ピンク、オレンジ、黄色、赤~黄のバイカラー…と、多数のカラーバリエーションがあります。
いずれは全部揃えたい!

新入り2、新天地

新天地が売ってました。
ギムノの中では結構大きくなるサボテンらしく、欲しいなーと思っていたので買いました。
IMG_0409.jpg

3株いるようですが、これはどうやら胴切りした基部から仔吹きしたものみたい。
つまりDNA的には同一個体なので、3ついるからといって交配して種子を採ることは出来ないでしょう。

IMG_0410.jpg
店頭に並んでいた他の新天地は1株単体しか無く、しかも大きさは同じくらいだったので、3つ居るほうがお得じゃん!と思いこいつを購入。
いずれこの3つの誰かには接ぎ木の練習台になってもらおう…
プロフィール

一葉

Author:一葉
サボテン・多肉植物を育てたりいろんな木を盆栽っぽく仕立てたりしてその過程を記録するブログ。サボテンや盆栽趣味の同年代がほとんどいない20代。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR